鼻の術前検査

手術前の検査

耳鼻科で手術前の検査をしてきました。まずは体調のことや飲んでいる薬や手術について話を聞かれました。

副鼻腔の手術ですが鼻づまりも気になっているので先に副鼻腔の手術を選んで良かったのか不安になっていると伝えると手術の内容は手術前の診察でどちらにするか決められるとのこと。

話をした後は血圧測定をしてからレントゲン、心電図、肺活量、採血をしました。

肺活量は何度もしたので大丈夫か心配しましたが正常なので大丈夫でした。その他の検査も問題なかったです。採決の結果が出てないのでその結果で問題が無ければ手術ができます。

呼吸器の診察

呼吸器の診察もしました。胸の音を聞いてもらいましたが大乗でした。

ただ念為に手術前後に吸入をするよう指示されました。また手術前に呼吸器の診察を受けることにしました。

手術に向けて

手術に不安はありませんが手術ができるかどうかの不安があります。副鼻腔、鼻づまりの手術どちらを先にするのがいいのか迷います。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

鼻詰まりが酷い

最近鼻詰まりが酷いです。

呼吸も苦しいときが多いです。

鼻のCTを撮ると下鼻甲介が腫れていました。撮ったときは鼻づまりが酷い感じしなかったですが今は鼻詰まりが酷いです。

また副鼻腔は真っ白になって入口が塞がっている状態でした。

鼻詰まりは中度で副鼻腔はかなり酷い状態でした。

その後、薬を飲み再度CTを撮りましたが何も変わっていない状態でした。

手術で改善できればしたいと伝えました。

鼻詰まりと副鼻腔の手術は同時にできないので治したい症状を聞かれ喉に鼻水が落ちるを治したいと伝え副鼻腔の手術を先にすることにしました。副鼻腔の手術をして鼻詰まりも改善する可能性があるので鼻詰まりは様子を見て決めることにしました。

副鼻腔の手術は炎症している期間が長いと治りにくいとも言われました。

手術は早くして欲しかったですが埋まっている状態で早くても5月だったので5月に予約しました。

手術について主治医に手紙を書いてくれました。

耳鼻科に行ったときは鼻づまりあまり気にならなかったですが今は苦しい日が続きます。今思うと鼻詰まりの手術を先にしたほうが良かったのか悩みます。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ