「副鼻腔炎」タグアーカイブ

副鼻腔炎の手術後の詰め物抜き

2回目の副鼻腔炎の手術後

1回目右側の副鼻腔の手術をし2回目に左側の手術をしました。術後は1回目の時に比べて数日は疲れやすかったです。ほとんど寝てました。鼻の辛さはあまり無かったです。

副鼻腔炎の術後のガーゼ抜き

副鼻腔炎の手術1週間後に鼻に詰めたガーゼを抜きに行きました。いつもの医師とは違う医師でした。横になってガーゼに痛み止めをかけて鼻の中に入れました。時間を置いてから鼻の中に入っているカーゼをカメラを入れ画面を見ながら抜いていきました。痛み止めをしているからか抜くときツーンとした痛みだけで思っていたほど痛くなかったです。以前の手術の時は痛み止めがあった覚えないですがあまり痛くなかったです。副鼻腔の手術の時のガーゼの場所と下鼻甲介の手術の時の場所が違うのかな。

ガーゼをすべて取った後は手術後の副鼻腔の中の画像を診せてくれました。かなり荒れているように見えました。

点鼻薬を1ヶ月使って鼻うがいは1週間後からと案内され終わりました。

点鼻薬は「アルロイヤー点鼻液50μg」を2本処方されました。

詰め物を抜くので気分が悪くなったりする恐れがあるので後の予定を入れないでと言われていましたが気分が悪くなったりすることなかったです。

次は3週間後に診察です。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

副鼻腔炎の手術2回目

副鼻腔炎の手術2回目をしてきました。

副鼻腔炎の手術は片方ずつで2回目は左側を手術しました。また前回手術した右側に詰めた詰め物を取ります。

前回と同じように午前中に行きました。受付を済ませて個室に案内されました。2回目だからかあまり詳しい説明は無かったです。

個室は前回と違ってソファーがないお部屋でした。痛くてじっとしてられないときにソファーで横になっていたので無いのは残念です。

お部屋で待っていると執刀医と麻酔科医と看護師が別々に来て今回の説明をしてくれました。今回の順番は最後になると案内されました。遅いかなと思いましたが早く呼ばれてよかったです。

看護師と個室から手術室に向かいました。手を消毒してから手術室に入りました。名前を伝えて挨拶されながら手術台に上がりました。横になるとすぐにマスクをされ左手の甲に針を刺されました。うまくいかないようで一度針を抜き右手首に再度刺されました。こちらもうまくいかないようで針の角度など変えられてすごく痛かったです。再度抜かれて右側の関節の辺りに針を刺されました。今度は無事に入ったようでホッとしましたが刺されたところが痛いまま意識を失いました。

副鼻腔炎の手術後

手術台の上で名前を呼ばれ気が付きました。そのまま横付けされたベッドに移動しました。ベッドに移った後は個室まで運んでもらいました。個室に入るとそのまま寝てしまいました。今回も鼻の周りが痛かったです。ズキズキするような痛みがありました。痛み止めをもらって飲みました。点滴もしてましたがそんなに長くしてなかったです。少しふらつきながらですがトイレにも行きました。執刀医からは順調と言われました。昼食を取って痛みが治まってから帰りました。今回は左側に詰め物が入っています。詰め物にチューブが入っているので鼻水でふさがれると苦しくなると言われました。前回の時は気にしてなかったですがチューブが入っているので詰め物をしてても呼吸ができたようです。息を吸うことが出来ても吐くとき詰まって息が吐けなかったです。

帰宅後

会計をして帰宅すると疲れてずっと寝てました。1回目の時は動き回れたけど2回目の時はすぐ横になって食事以外はずっと寝てました。

次は1週間後に左側の詰め物を取りに耳鼻科に行きます。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

副鼻腔炎の手術後

副鼻腔炎の手術後

副鼻腔炎の手術をした後は顔が腫れてる感じがしました。痛みは翌日からはかなり減りました。鼻の辺りがツーンとする感じと眉毛の辺りがズキズキする感じです。

その他、後頭部が少し痛んだり歯が治療したときの痛みのように感じました。

鼻のところにカーゼを当ててましたが術後数日は血がついていました。たくさん流れるというよりは鼻の入口に血が溜まる感じでした。

術後の薬

術後1週間はルリッドとステロイドを飲みます。ステロイドは内科で出してもらっているのを飲んでいたので耳鼻科で出されるステロイドの種類は分からないです。

上咽頭の部分に鼻水が張り付いて辛い

2日目くらいは少しめまいした時がありました。右鼻に詰め物がされていますがすごく苦しいことは無かったです。副鼻腔だけのようで上咽頭の部分には入っていなかったので上咽頭の部分には鼻水が溜まって辛かったです。上咽頭の部分は糸引くような感じやゼリー状になってたり舌で取ろうしたり咳で出そうとしましたがなかなか出なかったです。塊が出たと思ったら血の塊の時が多かったです。

日帰り手術は日常生活が可能

今回、日帰りで副鼻腔炎の手術をしましたが日常生活は最初、痛みは怠さなどありましたがそれほど気にならなかったです。飲酒や運動や飛行機は制限されています。アルコールを除けば食事制限もないので普段通り生活が送れます。ただ鼻の中に詰め物をしているので顔が気になることが多かったです。

2回目の副鼻腔の手術に向けて

2回目の副鼻腔の手術前に耳鼻科から体調の確認の連絡と術後の様子を聞かれました。日程の確認もします。術後出血があったりしましたが連絡するかどうか迷うこともあったので耳鼻科側から聞いてくれるのは助かりました。手術前の制限は当日0時から始まります。前日の食事制限はなかったです。当日0時から水分だけになります。当日の朝はステロイドを含め内科の指示にしたがい中止です。耳鼻科で出された薬も耳鼻科の指示に従い中止です。1回目の手術の時の同じ流れで朝、耳鼻科に行きます。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ