「鼻づまり」タグアーカイブ

鼻づまりの手術前の診察

9月に入ってから耳鼻科に行ってきました。

受付後にCTを取ってから診察を受けました。医師から手術前に会うのは最後なので何か聞きたいことがないか確認されました。

鼻中隔を削るかどうか確認したところ鼻中隔はそのままで下鼻甲介の骨を移動させて下鼻甲介と中鼻甲介の間を広げるようです。

CTを確認したところ前回手術して副鼻腔の中に空気が入ってない状態で白く映っていました。手術前と同じ状態です。

診察後は看護師から手術についての説明を受けました。

鼻づまりの手術は予定通り

左右の下鼻甲介手術と左右の後鼻神経切断術の2種類です。

手術日の流れなどは前回行った副鼻腔の手術の時の同じでした。ただ今回は手術当日の朝は通常通り薬を飲んでから手術が受けられます。

手術についての説明を受けた後に鼻の通気度の検査をしました。

片方の鼻を抑えて苦しいかどうか聞かれました。検査では右側が詰まっていたように感じましたが左側の時の方が苦しかったです。その後点鼻薬をしてから少し時間を置いてから検査しました。最後に拡張テープを使っての検査をしましたが拡張テープを使っても空気の通りは変わらなかったです。

鼻の通りの検査をしましたが見方が分からなく説明を受けなかったです。

鼻づまりの検査が終わり会計をしました。

手術前後の1週間はシムビーコートを使うので出されました。

無事手術が受けられればと願っています。

最近の鼻の状態

8月末くらいから鼻づまりが酷くなった感じがします。片方の鼻が完全に塞がれていないけどほとんど空気が通らない状態で苦しいです。片方が空気通っても通らないほうばかり気になります。クシャミも少し多いです。

手術日まであと10日くらいです。

最近、鼻づまりが酷いので10日が長く感じます。その間に結石の術後の診察もあります。内科の診察はありません。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

鼻づまりの手術の予約

鼻づまりの手術の予約をしました。

耳鼻科から連絡があり正確な日にちを決めました。副鼻腔炎の手術が終わって効果を見てからの手術なので3カ月先の予約です。

副鼻腔炎の手術の結果次第では手術しないこともあります。副鼻腔炎の手術によって鼻づまりなど無くなる場合もあるからです。

予約した鼻づまりの手術の種類

後鼻神経切断術 左右

下鼻甲介手術 左右

副鼻腔炎の手術と同じように左右別々で2日かなと思ったら1日の予定でした。

別の耳鼻科では考えられる手術として鼻中隔矯正術と下鼻甲介の切除でしたが鼻中隔はこちらの耳鼻科では指摘されなかったです。特に手術の必要はないようです。

現在の鼻の状態

鼻の通りは良くないですがそれよりも上咽頭の辺りに鼻水が溜まって糸状や膜状になっている感じで張り付いて苦しいです。副鼻腔の手術をして無くなればいいのですがどのに原因があるか分からないので消えるかどうかわからないです。

手術が決まってから手術日まで長いのでいろいろ気になってしまいます。


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

鼻が詰まって集中できない。。。

最近はトイレの回数が多いですが鼻が詰まって苦しいです。

高校野球の秋季大会のブロック予選が始まったので観てきました。
会場になる学校の試合でないためか空いていました。

最初の1,2回は良かったのですが3回くらいから鼻が詰まって苦しくなり始めました。
同じ姿勢を維持するのは辛くなり足を組んだり組み替えたり身体を動かしたりして辛かったです。
どちらが勝ってもいいから早く試合終わって欲しいと感じました。コールドで終わったくらいしか内容を覚えていないです。

先日買った「ナサリン」で鼻の洗浄をやっていますが点鼻薬を使わないと苦しいです。
お腹のほうは痛みなどは無いですがトイレの回数も5回以上行って下痢が多くなっています。
外でトイレが空いてなくて待つのは辛いです。

高校野球


潰瘍性大腸炎 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ