アイス のすべての投稿

眼科の診察と泌尿器科の診察

今月は眼科、泌尿器科、内科の診察に行きました。

眼科ではアイリーア硝子体注射後、初めての診察です。予約時間に行き診察前に左目の視力検査など行いました。

視力検査は一番大きなものも見えませんでしたが今回は顔を動かしたりすると0.8の部分まで見えました。ただ視力検査で見えても自分ではよくなってる感じはしないです。

目の中の浮腫みも腫れは少なくなってよくなっているようです。次のアイリーア硝子体注射は予約せず様子を見ることになりました。次の診察は11月ですが目の症状が悪くなったりしたときはすぐ予約を入れるように指示を受けました。

別の日は泌尿器科の診察を受けました。眼科とは違う病院です。レントゲンを撮りましたがあまりよく見えないとのことでしたのでCTで見るかどうするか尋ねられたので撮って確認したいと伝えました。

左右の腎臓の部分に小さな結石がいくつかあるようです。ただ以前に比べるとかなり減ったようです。破砕とかできるのか確認したら今は小さいので大きくなってから考えましょうと。尿管など下には結石が無いようです。

別の日は内科に行きました。

内科では眼科で採血の結果をもらうように言われていたのでお願いしました。体調がいいのと月末は余裕なく来られないので2か月分薬をだしてもらいました。

現在は咳が多いですが苦しさはあまりないです。目の方は良くなっているというより今の状態に慣れてしまってるような状態です。左目と右目の明るさが違うような感じで見づらいことが多いです。

 

 

にほんブログ村 病気ブログへ

初めてのアイリーア硝子体注射

病院に行くまで

アイリーア硝子体注射を受けてきました。病院に行くまでは普段と変わらない生活が出来ます。食事や薬を飲むことも。

病院についてから

予約時間に病院着きました。受付をしてから眼科に行きました。眼科の前で血圧を測ったり病気や飲んでる薬など聞かれました。

その後、眼科の前で待機し注射をする人と一緒に移動します。10人くらい一緒でした。

移動先で荷物をロッカーに入れ洋服の上からガウンを着ました。数人ずつ呼ばれて行きました。私は直前に予約を入れたので一番最後に呼ばれました。

目に注射なので不安で逃げたかったです。何らかの事情で中止にならないかなと考えてると前の人が目を塞がれて戻ってきました。

私も他の人たちと同じように数人で呼ばれて移動しました。注射をする場所で再び待機です。ここでは一人ずつ呼ばれました。待機する場所で最後の一人になると不安です。前の人が終わって戻ると私の番が来ました。

アイリーア硝子体注射を受けました。

室内に入ると名前とどちらの目に注射するか確認されました。4,5人の人たちがいました。耳鼻科にあるようなイスがあり座りました。スライドしました。

特に説明などは無く目に点眼の麻酔をされました。少しして目の中を洗うと言われ水のようなものが目に入りました。目を固定するのも付けられました。見えない状態なのでよく分からないまま進みました。顔全体に左目の部分が空いたカバーみたいなのを取り付けられました。右斜め上見てとか足元見てとか指示されているうちに注射は終わりました。その後、左目を塞がれました。

アイリーア硝子体注射が終わった後

注射が終わった後は開けてても閉じても大丈夫でした。チクチクするような瞼が変な感じでした。眩しくて目を開けていられないような鼻がツーンとしたような感じで普通には歩くことが出来なかったです。

ロッカーの場所に戻って少し休みました。そこで注射後の生活について聞きました。自分で運転する自動車や自転車はダメとか洗顔やお風呂なども当日や禁止でした。塞がっている左目のガーゼは夕食後に取って目薬をします。目薬は1日4回です。それ以外は日常通り生活はできます。

説明が終わって少し落ち着いてから会計をしました。会計は3割負担で43,590円でした。

帰宅後は何もする気が無くソファーで寝てました。注射後当日は目がチクチクするような感じが続きましたが翌日には大丈夫でした。

ただ注射をしても変わった感じはしないです。

にほんブログ村 病気ブログへ

アイリーア硝子体注射を予約

眼科の診察

一度内科に行ってから紹介状を書いてもらってから眼科に行きました。

眼科ではいろんな検査をしました。左目の血管が詰まって出血してるようです。浮腫んでもいました。

1週間薬で様子を見てダメなら注射をするようです。もし悪くなるようなら再び眼科に来るように指示されました。

左目の状態

最初は左目だけで見るとテレビ画面が指紋が付いてるような感じでした。1,2日くらい待てば治るかなと思ったら治らず内科に行ってその後眼科に行きました。内科に行った日の左目は普段とあまり変わらなかったですが少し文字が欠けるくらいでした。

内科の翌日に眼科に行ったときは一気に悪くなった感じで文字の欠ける部分が多かったです。3日後に再び眼科に行ったときには視力検査のUマークの黒い部分も見えない状態です。ランプがついてるのが分かるくらいで曇っているような感じでほとんど見えない状態でした。

眼科から総合病院へ

目の状態が悪くなっているので再び眼科に行きました。目の浮腫みが酷くなっていたので総合病院を紹介してもらいました。

総合病院へ

近くの眼科では待ち時間数分でしたが総合病院はかなり待ちました。待つだけで疲れました。視力検査をしても左目は殆ど見えず一番大きなマークも見えなかったです。顔を動かしていいと言われてもダメで大きな紙に書かれたマークを見ましたがそれもなかなか見えなかったです。

アイリーア硝子体注射

治療についての説明を見ると「網膜中心静脈閉鎖症による黄斑浮腫」と書かれていました。検査・手術・治療の名称は「アイリーア硝子体注射」となっていました。

特定疾患の医療券は病気とは直接関係ないので使えなかったです。

注射はかなり高額でどうするか聞かれましたが他に方法が無いようなので受けることにしました。

注射には2種類あり4万円と5万円のがありどちらにするか聞かれましたがどちらがいいか分からないので任せると伝えると若いので4万円のにしましょうと。

日にちは日々悪くなっているので最短でお願いしました。

診察後に採血をしました。普段している採血の針と違ってなんか太く痛かったです。

注射を受けるにあたって説明を受けました。

直接眼球に注射をするようで不安になります。

院外で点眼液をもらって帰りました。

注射はまだ受けていないですが診察してから毎日不安になっています。

 

にほんブログ村 病気ブログへ