「アイリーア硝子体注射」タグアーカイブ

初めてのアイリーア硝子体注射

病院に行くまで

アイリーア硝子体注射を受けてきました。病院に行くまでは普段と変わらない生活が出来ます。食事や薬を飲むことも。

病院についてから

予約時間に病院着きました。受付をしてから眼科に行きました。眼科の前で血圧を測ったり病気や飲んでる薬など聞かれました。

その後、眼科の前で待機し注射をする人と一緒に移動します。10人くらい一緒でした。

移動先で荷物をロッカーに入れ洋服の上からガウンを着ました。数人ずつ呼ばれて行きました。私は直前に予約を入れたので一番最後に呼ばれました。

目に注射なので不安で逃げたかったです。何らかの事情で中止にならないかなと考えてると前の人が目を塞がれて戻ってきました。

私も他の人たちと同じように数人で呼ばれて移動しました。注射をする場所で再び待機です。ここでは一人ずつ呼ばれました。待機する場所で最後の一人になると不安です。前の人が終わって戻ると私の番が来ました。

アイリーア硝子体注射を受けました。

室内に入ると名前とどちらの目に注射するか確認されました。4,5人の人たちがいました。耳鼻科にあるようなイスがあり座りました。スライドしました。

特に説明などは無く目に点眼の麻酔をされました。少しして目の中を洗うと言われ水のようなものが目に入りました。目を固定するのも付けられました。見えない状態なのでよく分からないまま進みました。顔全体に左目の部分が空いたカバーみたいなのを取り付けられました。右斜め上見てとか足元見てとか指示されているうちに注射は終わりました。その後、左目を塞がれました。

アイリーア硝子体注射が終わった後

注射が終わった後は開けてても閉じても大丈夫でした。チクチクするような瞼が変な感じでした。眩しくて目を開けていられないような鼻がツーンとしたような感じで普通には歩くことが出来なかったです。

ロッカーの場所に戻って少し休みました。そこで注射後の生活について聞きました。自分で運転する自動車や自転車はダメとか洗顔やお風呂なども当日や禁止でした。塞がっている左目のガーゼは夕食後に取って目薬をします。目薬は1日4回です。それ以外は日常通り生活はできます。

説明が終わって少し落ち着いてから会計をしました。会計は3割負担で43,590円でした。

帰宅後は何もする気が無くソファーで寝てました。注射後当日は目がチクチクするような感じが続きましたが翌日には大丈夫でした。

ただ注射をしても変わった感じはしないです。

にほんブログ村 病気ブログへ